オーガニックコットンは通常化学薬品による繊維の組織の痛みが少ないため、長持ちするといわれています。
ヨーロッパのホテル業界では、オーガニックコットンのシーツが、注目をあびています。もちろん環境を考えてという点もありますが、そのほかの理由としてオーガニックコットンのほうが寿命が長いからという実益があるそうです。
あるホテルでは「一般のシーツは60回ぐらいの耐性だったものが、オーガニックコットンのシーツは200回持つ、購入時の単価が多少高くなっても、トータルでおつりがくる」とそんなお話を聞きました。
しかしこれは気のせいでもなく先述したように根拠のあるお話です。 これからはますます使い捨てから良いものを長く大切に使う。そんなことがより多くのひとの幸せと人の未来にもにつながっていくと思っています。