認証の目的

オーガニックコットンの信頼性を高め、多くの人が安心して使うことができるように。また、正しくオーガニックコットンが流通されるために行われます。
農家にとって、労力が大きいオーガニックコットンの生産は、通常の綿花生産に比べ余分なコストがかかります。
また、オーガニックに転換して数年間は生産量が低下するというリスクもあります。
そうしたオーガニックコットンの生産を支えるために、価格にはプレミアムがつけられ、製品も通常よりコスト高となります。また、見た目ではオーガニックコットンは見分けることはできません。
消費者が安心して納得の製品を選べるよう、チェックする役割を担うのが認証機関です。オーガニックコットンの生産を支援するために、そして オーガニックコットンの信頼と安心を築き、オーガニックコットンを広めるために行われているのが、認証事業です。

認証方法

有機農業に転換を決めた農業者や加工業者が認証機関に申し込むと、検査員が農場や工場に派遣され調査が実施されます。
調査後、有機認証を取得するまでのオ-ガニックプランと呼ばれる計画づくりから指導が始まります。
このプランは、従来のような化学肥料や農薬を使わず、認定基準に沿って堆肥計画、輪作計画、病害虫対策計画などを、最低でも3年間以上どのように遂行するか、具体的に記述し認証機関に提出します。

認証機関は提出されたオ-ガニックプランを検討し、要件を満たしていることを確認します。
さらに、計画通り作業されているか、記録が正確に行われているかどうか年間を通して審査します。
記録は、農場の位置の特定、農地への投入物(肥料、土壌改良物質)、作業のフロ-チャ-ト、栽培記録、保管場所、保管方法、生産高、売上高などが主な内容です。

こうして認証を得てからも、毎年最低1回の抜き打ち検査を受けながら、持続可能な農業の実現をはかります。
認証過程においては、いつでも誰でもわかるように記録を整備しておく、いわゆるトレイサビリティ(遡行追跡可能性)の重要性が指導されます。
多くの認証機関はIFOAM(本部ドイツ)の認証基準を踏襲して審査を行っています。

現在CASOLEAで販売しているオーガニックコットン製品が取得している主な認証(原綿、製品)になります。

KRAV-EKONOMISK FORENING

KRAV-EKONOMISK FORENING
オーガニック認証機関(スウェーデン)

 

カリフォルニア有機農認定団体(米国)CALIFORNIA CERTIFIED ORGANIC FARMERS
カリフォルニア有機農認定団体(米国)

 

 

日本オーガニックコットン協会(JOCA)日本オーガニックコットン協会(JOCA)

 

 

日本オーガニックコットン流通機構(NOC)日本オーガニックコットン流通機構(NOC)

 

 

Global Organic Textile Standard(GOTS)Global Organic Textile Standard(GOTS)
グローバル・オーガニック・テキスタイル・スタンダード

 

 

今回は弊社の取引先で株式会社新藤様が今年取得したオランダのコントロールユニオンによるGOTS(Global Organic Textile Standard)についてここで説明します。

GOTSは
・70%以上のオーガニック繊維
・ノーブレンディング
同一の非オーガニック繊維とオーガニック繊維の混合は認めない(※日本オーガニックコットン協会では40%以下の混合を認めています)
・すべての工程において規定と制約がある
を基本とし、厳しい審査方法があります。

・文書審査
・生産現場などの訪問
・インタビュー
・サンプリング
・情報の照合確認

ここで重要なのは提出した書類だけですませず、審査員が現地に足を運んでチェックをしているということです。
CUは世界50カ国に支部を持ち、世界中に2000名以上のスタッフ、審査員によって確実な情報の照合確認が可能となっています。

項目ごとに認証製品と非認証製品の比較をしてみます

  認証製品 非認証製品
原料 Transaction Certificateによりオーガニック製品だと国際的に証明される 原産地までトレースするのが困難
生産工程 有害物質の使用を制限し、毒性のないまたは自然由来の剤のみ使用可能 制限の規定なし
環境 認証された、または制限された染料および有害でないことが確認された助剤のみ使用が可能 制限の規定なし
安全性 国際的管理基準と使用できる薬剤等の制限のため安全性が提供される 現行の生産工程と自社基準のみ
トレーサビリティ ControlUnion Certificationsなどの第三者機関が発行するTransaction Certificateにより、追跡が可能 トレーサビリティなし
適合性 国際的な基準に準拠しており、世界共通の認証として通用する 限定された証明しかもたない
信頼性 認定を受けた第三者認証機関が認証するので、信頼性が高い 信頼性が限定される





今後日本においてもよりGOTSのようなより厳格な認証が主流になっていくものと思われますが、それをぬきにたとえば全紡績工程でオーガニック綿と一般綿が混じり合わっていないかなどのチェックはできないとカソレアでは考えています。
また経済産業省でもこれまでは認証機関ごとに決まっていたオーガニックコットン規格の統一、適正な表示のルール等をきめるための準備がはじまりました。